読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣り初心者向け:なぜ釣りは初心者に優しくないのか

釣りは初心者に優しくない趣味です。この記事を読んでいて共感しかありませんでした。

なぜ釣りは初心者に優しくないのか。問題点を考えてみました。

・釣りの難易度がそもそも難しい。簡単に魚は釣れない。

・業界が縮小する中で、各メーカーが売り上げを落とすまいと、魚種毎に細かく製品を発売しややこしくなっている。

・インターネット上にノウハウが不足している。

など・・・

原因はいろいろ考えられます。しかしあーだこーだ言っててもしょうがないので、僕なりにこれから釣りを始める方向けに記事を書くことにしました。玄人の方からすると色々とご意見もあるとは思いますが、個人の意見だと思って読み流していただけますと幸いです。

釣り好きなやつ周りにいない?

いきなりで申し訳ないのですが、やはり釣り好きの友達と一緒に始めるのが上達が早いです。これから釣りを始めようとしている方は、周りに釣り好きがいないか確認してみてください。教わりながらは上達が早く、数人で行く釣りは楽しいです。仮に釣れなくても続けてみようという気になると思います。ちなみに釣り好きはFacebookのトップ画がだいたい魚と一緒に写っているので改めてFacebookの友達リストを確認してみましょう。

とりあえず最寄りの海釣り施設に行く

よし!じゃあ釣りを始めよう!でも何から始めていいか分からない!という人はとりあえず海釣り施設に行きましょう。一人でも友達を連れてでもOK。手ぶらで行っても釣具をレンタルできる場所を選べば安心です。とりあえず釣りを体験することが大事ですね。関東だとここらへんがおすすめ。人多いけど。

海釣り施設では手始めにサビキ釣りをしてみるのがいいです。手軽に魚が釣れます。

お住まいが海から遠い人は必然的にバス釣りや渓流釣りになりますね。

その場合は最寄りの管理釣り場がオススメです。

わいわいやるなら釣りツアーも

世の中便利なもので、釣りツアーをスマホから予約できるんですね〜。海釣り施設がないエリアもあるとは思うので、そういった場合は釣りツアーがいいでしょう。

いろんな釣り場でサビキ釣りを

海釣り施設以外でも、さまざまな釣り場(主に堤防)でサビキ釣りをしてみましょう。道具は釣具店で買うか、ダイワのレンタルサービスを使ってみるのがいいかもしれませんね。

レンタル釣り具|D.Y.F.C | DAIWA YOUNG FISHING CLUB

サビキの記事は釣活さんが分かりやすい。

釣具店で買う場合は全国展開のチェーン店がオススメです。(上州屋、キャスティング、ポイントなど)安いサビキセットが売られてるのでそれを買いましょう。店員さんに聞けば教えてくれます。若い店員さんの方が親切な人が多い印象です。経験上、年配の店員さんは知識が豊富なだけに話が長い印象です。笑(自分自身の知識量が店員さんと対等であれば盛り上がれるのですが・・)

さて、海釣り施設ではレンタルなので手ぶらで知識なくても釣りができたかと思いますが、ここで一つ覚えることがあります。それは糸の結び方です。

参考記事はこちら

糸の結び方は動画がわかりやすいでしょう。Youtubeなんかで探してみてもいいと思います。

釣り場をどうやって探せばいい?

まずは家から近い釣り場に行きましょう。例えば神奈川県の横須賀が近い人は、釣り方と釣り場でググります。

例:横須賀 サビキ、横須賀 ちょい投げ

すると過去に釣りに行った人のブログなどがでてきますので、参考になります。

あとは情報は足で稼げということで、最寄りの釣具店に行って聞き込みをするのもいいと思います。インターネットの情報も古かったりしますからね。

海釣りでちょい投げとルアー釣りをやってみよう!

サビキ釣りに飽きた人は、いろんな海釣りスポットでちょい投げとルアー釣りに挑戦。

道具は引き続きダイワのレンタルサービスでもいいですし、買う場合はちょい投げとルアー釣りをしたいと店員さんに伝えて買いましょう。

店員さんに聞けば教えてくれますが、釣竿を買うなら「万能竿」か「シーバスロッド」がオススメです。ちょい投げと海ルアーのどっちからやろう?と悩んだら、まずはちょい投げからやりましょう。海ルアーは楽しいですが、やはり餌釣りのほうがハードルは低いです。なので、サビキ→チョイ投げ→海ルアーの順番で進めていくのがいいかと。

釣りの知識を増やしていこう!

ある程度釣りに行くようになれば、今度は知識を増やしていきましょう。初心者向けの記事や本を紹介していきます。

インターネットのサイトだとここらへん。

海釣りスタートガイド

一般社団法人 日本釣用品工業会

堤防釣り選科!四季の釣れる魚と釣り方まとめブログ | 堤防・防波堤釣りの釣り方や四季折々どんな魚が釣れるのかを検証していきます。

 

バス釣りの本だとこれは分かりやすかったです

近年の釣りは魚種ごとに竿が分かれていたり、ルアーの種類がたくさんあったりと良くも悪くもガラパゴス化してしまいました。たしかにターゲットの魚にあった釣具やコツを習得すれば釣れるようになりますが、そこまで行き着くのが大変ですよね。

この記事で少しでも釣りを楽しんでくれる人が増えたら幸いです。今後も記事を修正・加筆していきます。

 

それでは楽しいフィッシングライフを!